子供の股関節痛と老人の変形性股関節症。

子供の股関節痛

子供は股関節が成長過程にあるので飛び跳ねたり、高いところから飛び降りたりした時に、股関節を傷つけ、最悪の場合は大腿骨頭を壊死させるペルテス病になる可能性があります。

股関節は大腿骨頭と寛骨臼というペルテス病は上記のような強い衝撃が股関節に加わることで大腿骨頭に栄養を与える血管が育ち盛りの子供の股関節痛は、最悪は大腿骨頭の壊死を引き起こすペルテス病になる可能性があります。

この病気は、子供が飛んだり跳ねたりしたときの衝撃で大腿骨頭を栄養する血管が圧迫され、大腿骨頭が壊死してしまう病気です。
もし、股関節の痛みを長く訴えるようであれば、レ ントゲンで股関節に変形などがないかを確認する事をお勧めします。股関節に変形や壊死がなければカイロプラクティックの受診をお勧めします。

子供の股関節痛の場合、大抵は傷めてもすぐに治ります。もし骨頭の壊死などがないのに治りが悪いとしたら、背骨や骨盤の歪みによる姿勢の悪さが原因で、股関節への負担が増えている可能性があります。

姿勢が歪んだまま、飛んだり撥ねたりする事で股関節の負担が増大して、壊死による変形ではなく、負担の増大によって大腿骨頭の変形をもたらす可能性もあります。
股関節に変形を残すことで、スポーツや日常生活が制限され、結果的に子供の未来を奪う事になりかねません。そうならないためにも、子供の頃からカイロプラ クティックによる全身のケアを受ける事をお勧めします。

老人の変形性股関節症

変形性股関節症は高齢者に多くみられ、痛みが強くなると、人工関節置換術がよく行われる疾患です。
しかし、人工関節に置換にすると、どうしても関節可動域が悪くなるので、できれば避けたいものです。

カイロプラクティックの施術では変形性股関節症は直せるかと言いますと、残念ながら変形したものは治せません。
カイロプラクティックでは変形は治せませんが、骨盤や背骨の歪みを取ることで股関節への負担を減らすことはできます。
骨盤や背骨の歪みは歩行時の縦揺れや横揺れを引き起こし、それが股関節の負担増加につながります。
骨盤や背骨の歪みを取りながら、直接の原因である動きの悪くなった股関節を滑らかにしていきます。

このように根本原因と直接の原因を同時に改善してゆくことで変形の進行と痛みを抑えます。
カイロプラクティックでは、たとえ変形があっても、痛みが軽減して手術を受けなくても、最後まで自分の足で立って歩ける生活が送れるように改善を目指します。

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLineでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください