森戸海岸の夕陽。

水曜日は底冷えする雨模様から一転、半袖でも過ごせそうな暖かい青天になりました。

午前中に役所の届け出を済ませて、午後から逗子から葉山に抜けて森戸海岸へ行きました。

そのままプリンで有名な「マーロウ」まで歩こうかと思いましたが、日没も近く、せっかく海に沈む夕陽が見れるので、森戸海岸で陽が沈むまで眺めてました。

夕陽が沈むまでの20分ほどの間、海に面した公園のベンチに腰掛け、ジリジリ沈みゆく夕陽を眺めてました。

海から吹く風は寒くもなく、すすきの穂をなでる程度の強さで心地よく、空気も澄んでいたおかげで見事な夕焼けが拝めた。

夕陽を眺めていると、うろ覚えだが、ランボーの詩の一節を思い出す。

「見つけた、なにが?永遠が、海に交わる太陽が」

確か、小林秀雄訳「地獄の季節」の一節はこんなだった気がするが、いまいち自信がない。

アルチュール・ランボーが見つけた太陽は夕陽だったのか?朝日だったのか?どちらでもいい。ランボーが見た太陽もこんなんだったのか?

それとも気が触れたニーチェが見た夕陽か?

夕陽は確実に海に沈み、日が沈むにつれ夕陽をバックライトに富士山の輪郭がはっきりしてくる。

夕陽が沈み夜の闇が町を覆うまでの僅かな時間、夜が昼を徐々に侵食し、夕陽の名残りが町をコバルトブルーに染る。この時間が一番好きな時間だ。

子供の頃は、コバルトブルーから夜の闇に染まっていく様子いつまでもベランダから眺めていた。

日が沈むのを見届けると、コバルトブルーに染まった葉山の古い町並みをマーローウ目指して歩いた。

御用邸を抜け、再び逗子鎌倉方面に向けてしばらく歩くと、やっとマーロウについた。

この時には、すっかり夜になっていた。二階のカフェに上がろうとしたら階段にチェーンが巻かれていた。そしてチェーンにぶら下がっている札を見ると「水曜日は定休日」と書かれていた。

肝心のプリンはお預け。

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください