肩の張りと腕の痺れの原因は胸椎のズレによる猫背!

夕方頃に生じる肩の張りと腕の痺れの原因。

仕事が終わる夕方になると、首から右肩が重だるくなり、上腕の外側に痺れが出る。こんな症状の人は多いと思います。

この手の症状で病院に行くと、腕の神経が出る頚椎の問題と診断されて首の牽引が行われます。

しかし、残念ながらこの場合は首の問題ではありません。首の問題で痺れが出ている場合、だいたい朝から痛むことが多く、首の動きに応じて痛みや痺れが増します。

一方、夕方になると痛みや痺れが出る場合は、首の骨から肩甲骨にかけて着く、肩甲挙筋という筋肉が硬くこわばることが原因で生じます。

これらの筋肉は頚椎から肩甲骨にかけて着き、肩甲骨を吊るし上げる働きと、頭や首が前に出ないように後ろへ引っ張る働きがあります。

夕方になると痛みや痺れ肩甲挙筋の緊張が原因で生じます。この肩甲挙筋の緊張を引き起こす原因が猫背による胸椎のズレです。

 

胸椎のズレによる肩の張りと腕の痺れ。

猫背になると胸椎の上から3番目と4番目の胸椎が曲がってズレ、頭が前に出るので、頭を支える首の筋肉が緊張します。


図2

さらに3番目と4番目の胸椎がズレることによってによって、肩甲骨を背骨に近づけている肩甲骨の間に着く筋肉の筋力が弱くなります。

すると肩甲骨は背骨から離れ胸の方へ引っ張られて巻き肩になります。巻き型になるとますます背中が丸まり猫背になります。

猫背になると頭がさらに前に出るので、肩甲挙筋や僧帽筋への負担が増えて肩こりがひどくなり、筋肉のみならず首から出ている腕の神経も引っ張られるので、腕や指先に痛みや痺れが生じます。

つまり、この筋肉の張りや痛みや痺れは、猫背によって生じた胸椎のズレが原因なので、このズレを解消して同時に姿勢を改善しない限り、いくら肩を揉んだり首を揉んでも効果はありません。

ましてや、病院で首の牽引などしたら確実に壊れます。これらの症状はもともと腕の自重などによって筋肉や神経が牽引されて生じている症状なので、首を牽引すれば余計症状を悪化させます。

胸椎のズレの自分で治す方法。

それでは自分でなんとかする方法はないのか?というとそうではありません。

自分で解決する方法はあります!

ズレている胸椎を中心に背中をそらす事で徐々にではありますが、胸椎のズレを自分で矯正することはできます。

やり方はこちらのページを参考にしてください。→猫背を治し、肩こりを解消する「肩こりの対処法」

家で出来るバージョンと座位でもできるバージョンを紹介しています。これを仕事の合間にやる事で猫背と胸椎のズレを防げるでしょう。

ぜひお試しください!

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください