股関節痛の原因は腰痛。トドメはストレッチ!

50代の女性、右股関節の痛み。

右股関節痛の経緯。

昨年末、いつも日課のウォーキングをしている最中に右足の付け根、股関節前面に突然痛みが走る。

それ以降、10分以上歩くと右股関節が痛み、次第に元々痛かった腰も痛くなる。

腰は20年前から痛み出し、5年ぐらい前から朝起きると腰が張って痛むようになった。

股関節をストレッチしても、なかなか良くならないので整形外科に行き、股関節のレントゲンを撮ると骨に異常がなく、湿布と痛み止めをもらう。

ちっとも良くならないから近所の整骨院へ受診。マッサージと電気治療を受けるがあまり効果が無い。

今は最初ほど痛みはないが、長時間歩いたり立っていると右股関節が痛む。その他に腰と右の膝関節も痛む。

右股関節痛の施術。

腰の骨(腰椎)の4番目と5番目がズレているせいで腰の可動域が極端に制限されています。この腰のズレを矯正して動きをつけます。

そして、捻れて右側が前に出ている骨盤の歪みを矯正し、骨盤と同じ方向へ捻れた(内旋した)右の股関節を矯正してねじれを直した。

一回の施術で10分以上歩いても痛みが出なくはなりましたが、股関節の場合、痛みが出た時は相当痛めているので、痛みがなくなったととしても治ったわけではありません。こまめにメンテナンスしないと確実に悪化します。

股関節痛の原因の説明と指導内容

この方はもともと慢性腰痛を患っていたせいで腰椎周囲の筋肉が張り、さらにズレのせいで腰椎の可動性が極端に制限されていました。

腰椎は上半身と下半身のつなぐビルの免震装置として機能しています。

腰椎の動きが制限されることで歩行時や走行時に上半身から下半身へ加わる体重などの負荷を逃がすことができなくなります。

そのため腰より下にある股関節や膝関節に負担が集中し、長い時間かけて股関節や膝をこわします。

また、この方の姿勢は、前傾姿勢で腰のあたりから右側に傾いています。その状態で歩くと、上半身が右に傾いて右の股関節に負担が集中する傾向があります。

股関節に負担がかかると、負担を減らすために体は無意識のうちに骨盤や右の股関節を内旋させて(内側に捻って)歩くようになります。

骨盤や股関節を内旋させることで、大腿の大きな筋肉である大腿四頭筋の筋力を動員して右の股関節を筋力で支え、負担を軽減さることができます。

しかし、この状態で歩き続けると、右股関節前面に付く靭帯や筋肉に負担が集中し、靭帯や筋肉が引き伸ばされます。

股関節の靭帯や筋肉が引き伸ばされているところに、ストレッチがトドメとなり、関節や靭帯や筋肉を壊して痛みを発します。

この方が股関節痛を悪化させた3つの要因。

  1. ズレによって腰椎の柔軟性が低下し、負担が分散できなくなり股関節に負担が加わる。
  2. 前傾かつ右に傾いた姿勢のせいで股関節へ衝撃が加わる。
  3. 痛めている股関節によりストレッチでトドメを刺す。

以上のワン・ツー・フィニッシュで股関節痛になりました。

股関節痛と腰痛の予防体操。

股関節痛の対処法と腰椎を柔軟にする体操を紹介します。

股関節痛の対処法!

股関節を滑らかにして、可動域を増やす効果がある体操を下記のページで紹介しています。ぜひ参考にしてください。

股関節に異常がないのに痛い!そんな股関節痛の対処法。

腰椎の柔軟体操!

硬くなった腰椎は、動きを悪くする腰椎のズレを治した後で、下記のページで紹介している腰椎の柔軟体操をぜひお試しください。

座位でやる腰痛予防体操。

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.