閉店間近!ピンボールの聖地「NEVER LAND」へ。

前々から一度行ってみたいと思いながら、なかなか行けずにいたピンボールの聖地と言われるゲーセン「ネバーランド」が、今月28日(日)にゲームオーバー(閉店)ということもあって、今回休みを利用し横浜から豊田までエッチラオッチラ行ってきました。

ピンボールの聖地の割にいたって普通のゲーセンでした。

※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。
※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。

店に入るとまず目につくのは店頭に置かれワニワニパニックなどのエレメカ。その中に、デパートの屋上などにあった「山登りゲーム」。なんと当時のお値段、10円でプレーできます。

※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。
※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。

最後に「山登りゲーム」をやったのは今から30年近く前に、今は亡き横須賀の「さいか屋 大通り店」の屋上のゲームコーナーが最後。あれから30年過ぎて40過ぎたおっさんがデパートの屋上のガキンチョ気分でプレーしましたが、これが散々の結果。

30年前はパネルなど見なくても音だけを頼りに最後まで進めたのだが、40を過ぎると「ここだ!」というタイミングに手が追いつかず、あっという間にゲームオーバー。10回ほど試したけど一度も登頂できなかった。

「山登りゲーム」に飽きるとお目当てのピンボール。

ピンボールのラインナップは最新のドットマトリックスから70年代のリレーシーケンスのエレメカまで様々の台が設置されていた。

「アダムスファミリー」と「F14 Tom Cat」などアラフォー世代が中学から高校時代に流行っていたピンボールがあった。

※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。
※写真はネバーランドの許可を得て撮影いたしました。

ピンボールをやりだしたのは今から27年前の高校一年の頃。始めた理由はピンボールはボタンが二つしかないからゲームが苦手な自分でもやり込めば俺でもうまくなれると思って始めた。

結局いくらやってもうまくなることは無く多くの時間と金を浪費する羽目になった。

自分が高校生の頃、横須賀のドブ板には「スターウォーズ」というゲーセンがあって、店の入り口付近に2−3台ピンボール台がおいてあった。多くは、「Hook」や「ターミネーター2」のような映画とタイアップ台がほとんどだった。

当時横須賀のシェイキーズでバイトをしていた自分は、ピザとフライドポテトの匂いが髪の毛に染み付いたままという出で立ちで、どぶ板のゲーセンに向かい、ピンボール台にかじりつき、その日稼いだ日当をピンボールとジュークボックスにつぎ込んでいた。

当時、時給500円前後。それを行くたんびに1000円以上つぎ込んでプレーしていた。

夏休み中は、ほぼ毎日のように通っていたのですが、ちっとも上手くなる気配はなく、いつもジュークボックスでかけた曲が終わる前にゲームオバーになっていた。

ピンボール台に設置されていたマニュアルに書いていあるテクニックを必死に練習したが何一つ身につくことなくボールは穴へと落ちてゆく。

隣でプレーしていた中年の米兵がそんな下手なプレーを見かねてあれこれ手本を見せてくれた。おっさんネービは色々なテクニックを見せつけ、ボールの軌道の読み方を教えてくれた。そしてワンコインで俺の1年分のスコアをたたき出した。このおっさんこそ、まさにピンボールウィザードだった。

プレーすることに飽きると、おっさんはプレーの続きを俺に託した。だが、プレーヤーが変わったらあっという間にゲームオーバー。ピンボール台に寄りかかりながら、英語でぶつくさ言いながら残念そうな目で俺のことを見ていた。

おっさんは週末の夕方ごろ「スターウォーズ」に行くと必ずいた。いつもバドワイザーやらハイネケンの瓶ビールを片手にチビチビやっているか、喚きながらピンボールをやっているかだった。

俺がプレーをすると「ここに当てろ!」「あそこを狙え!」「台を揺らせ!」と仕切りに英語でアドバイスしてくれたが、だいたい俺の反応がコンマ5秒遅れるからいつもボールはアウトレーンをとってアウトホールへと落ちてゆき、ボールデッドになった。

シェイキーズをやめるとスターウォーズにあまり行かなくなった。たまに行っても、おっさんには会えなかった。当時は湾岸戦争真っ只中だったから中東に行ったのか?退役したのか?消息はわからない。

というか、そもそもお前誰だ?結局、名前も聞かずじまいだった。本当にネービーだったのか?単に働きもせずゲーセン入り浸る不良中年だったのか?今となっては知る由も無い。そして高校を卒業すると同時にゲーセン自体に通うことが少なくなった。

90年代に入るとゲーゼンも女の子を連れて行けるお洒落な店が増え、「スナックZ」みたいな薄暗い「スターウォーズ」のようなゲーセンは淘汰されていき、社会人になって久々にドブ板に行ったら「スターウォーズ」の看板だけ残して、中は壁がぶち抜かれて隣のミリタリーショップになっていた。潰れたのは確か格闘ゲーム全盛の95−96年あたりだった。今ではその看板もない。

B9B8246A-3CF6-4195-A404-ADD1C68E13E5

スターウォーズが潰れた90年代後半から東京で生活するようになると、ゲーセンやピンボールとはますます疎遠になった。

そしてネバーランドが閉店するとツイッターで知り、久々にピンボールをやりたくなって、わざわざ豊田まで出かけてプレーしたが、昔のような情熱はすっかりなくなっていることに気づかされた。いくらプレーしてもなんとも煮え切らない想いだけが残る。

たとえ、このまま過去に戻ったとしても同じように感じること二度とないということを思い知らされた。よりによってネバーランドというサンクチュアリで「もうお前はおっさんなのだ。終わったことなのだ。」と思い知らされた。

そして一通りプレーすると「ここは俺のいる場所ではない。」と思い、おっさんはネバーランドを後にした。帰りにネバーランドを振り返り見ると、道路一本挟んだだけなのに、いやに遠くにあるように見えた。

もう、ピンボールをやることは恐らくないだろう。

さようなら「ネバーランド」。さよなら「ピンボール」。

ネバーランドにはピンボールのほか、懐かしいエレメカやマルチ基盤のレトロゲームもありますので、是非最後に行ってみてください。

ネバーランドはこちら→http://azuma802.co.jp/nl/

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください