手をついたときに生じる手の甲の痛みの原因。

手の甲の痛みの原因。

手をついたり、手首をそらしたときに、手の甲が痛む。

このような痛みは、主に長時間パソコンのキーを入力したり、マウスを操作することが多い人に多く発症し、手首を反らすと中指の付け根あたり(図1参照)に痛みを発します。ます。

図1

パソコンでのキー入力やマウス操作は手のひらを下に向け(前腕回内)、手首をにやや反らし、指を曲げてキー入力したりマウスを握ります。そしてそのような姿勢を長時間維持します。図2

図2

長時間この状態が続くと、手首の関節を構成する手根骨がズレて手の甲付近に痛みが生じます。

手首の関節を構成する手根骨とは石ころのような8つの骨で構成された(図3)アーチ構造をしています(図4)。

図3

パソコンのキー入力やマウス操作のように手首を回内させて反らす姿勢を長時間維持していると、前腕の骨と関節している手根骨が形成するアーチ構造が広がります。(図4)


図4

そしてアーチが広がること、アーチの天井部分が崩れ、天井部分を構成している手根骨(月状骨)が手のひら側にズレます。(図5)


図5

さらに指を曲げると指の骨と関節する手根骨(主に有橈骨 図6)が盛り上がり手の甲側へとズレます。

図6

このように手根骨が互いに反対方向にズレることで手首を反らした時に中指の付け根付近に痛みが生じます。

手首を曲げた時に生じる手の甲の痛みの対処法。

この対処法は手の甲側にズレた有頭骨と、手のひら側にズレた舟状骨をそれぞれ圧迫し、正しい位置に戻すための体操です。

有頭骨と舟状骨が正しい位置に収まる事で関節可動域を正常にし、痛みを抑えます。

道具も、パートナーも特別な技術も必要ないので、一人でどこでもやれます。

手首の痛みの対処法:やり方編

①手の甲側にズレた有頭骨を親指でしっかり抑えます。図5参照

有頭骨は中指に沿って触ると棒状の骨である第3中手骨の根元にあります。

図5

②親指で有頭骨を抑えたら、人差し指で舟状骨を抑えます。図6参照

舟状骨は親指の根元にある手首に近くにあります。

舟状骨は動かないように固定してください。

図6

③有頭骨と舟状骨を抑えたら軽く手首を反らし、図7のように指を伸ばします。

図7

④そのまま拳を握ります。(図8)

図8

⑤あとは、そのままグーパーを5〜10回繰り返してください。

手の甲の痛みの対処法を動画で説明。

音声が小さいかもしれませんので、ボリュームを大きくしてご視聴ください。

気をつける事。

  1. 有頭骨は親指でしっかり抑え、手のひら側へ向かって力を加える事。
  2. グーパーしている間、舟状骨が動かないように人差し指で固定する。
  3. 強い痛み、熱感や腫れがある場合はやらない。ビニール袋に氷と水を入れ20分冷却すること。
  4. あまり、早くやらない。
  5. この対処法はまとめて何十回もやるよりは、小まめにやってください。

以上です。

簡単で、一人で、どこでもやれますので、是非お試しください。

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

手をついたときに生じる手の甲の痛みの原因。” への2件のフィードバック

  1. こんばんは、Tfccの手術後
    三年以上手を床につくことができずにいた二十歳の男です
    手を床につくとどうしても手の甲に痛みは生じるっていうことはありましたが
    その前に有頭骨かどうかはよくわかりませんが手のひらのとこの、親指の付け目あたりの骨が邪魔になりなかなか楽に床に手をつくことができませんでした
    そんな毎日の中偶然この動画を見つけ
    実践してみたのですが最初はとても
    効果がよく手の甲の痛みの改善のみならず有頭骨辺りの突き出てる感じまで改善されたのです
    それで気が上がってしまった私は
    何度も何度もこの術を施したんですが
    間違えて有頭骨が動かないように抑えておくっていう感じじゃなくて自分が考えた時あるべきところへ移すっていう感覚でやってしまたんです
    その結果親指と手のひらの骨が完全にズレてしまい
    今や手の使いがとても不便になってる状態なんですが
    こういった場合にはどうしたらいいんでしょか?
    海外住みなので直接お尋ねすることがきずこうやって微塵の可能性にかけて
    コメント残します
    返答よろしくお願いします。

    1. こんばんは、ふじたカイロの院長の藤田です。
      書面だけで状況がつかめないので、あくまでも予想で説明させていただきます。
      TFCCの手術を受けられているので手根管と言われるアーチ構造が普通の人よりも崩れやすい傾向があると思います。
      そのため、有頭骨を手の甲側から手の平側に押した時にアーチが広がって、アーチの天井部分が崩れたのだと思います。
      この場合、横に広がり潰れたアーチを再形成するための体操を試してみて下さい。
      これなら、TFCCの手術を受けた人でも手根骨がずれたりせず、たとえやり方を間違ったとしても、効果がないだけで悪化することはないと思います。
      仕事の前や終わった後、なんとなく調子が悪い時にお試し下さい。
      手首のアーチを戻すための体操→http://ur0.work/I1j2
      その体操を3−4日試してみて、一定の効果があるようなら、第二段階で別の体操を動画で紹介します。

      それと、参考のためTFCCになったきっかけは何かを教えていただケルト助かります。

      何かわからない事がございましたら、コメント欄の他、FBのメッセンジャーやLINEでも質問ご受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です