スマホによる手首の痛み。

スマホで生じる手首の痛み。

重いものを持ったり、酷使したわけでもないの生じる手首の痛み。

これといった原因もなく、仕事でパソコン作業をしているとだんだん右手首の親指側が痛くなる。(図1)

図1

最初は手首のだるさから始まり、だんだんそれが痛みに変わり、慢性的な痛みになる。

瓶の蓋を開けようとしたり、グラスなど掴む動作などの何気ない動作で「ズキン」と激痛が走る。

この手の手首の痛みは長時間のスマホ弄りでよく生じる症状です。

スマホ弄りは、筋力を必要としない動作ですが、始終親指を動しているので関節の運動量は相当なものです。

特に手が小さい女性がフリッカー入力したり、機種変して大きくて重いスマホになると手首や親指への負担や運動量が倍増。

そんな人がマウス操作やフリッカー入力などで親指を酷使していると、次第に手首の根元に位置する関節「遠位橈尺関節」(図2)が緩んで、尺骨と橈骨の間隔が広がります。

図2

手首には関節を支える筋肉がほとんど無いので、関節が緩んで不安定な状態で親指を酷使すると、関節周囲を通る親指の腱や靭帯に負担が集中してこれらを傷つけ、痛みを発します。

動画による説明。

スマホで痛めた手首に効果がある体操。

この手の手首の痛みは原因である遠位橈尺関節の緩みを改善させると、関節が安定して骨で手首を支えられるようになるので腱への負担が減り、痛みが緩和されるでしょう。

緩んだ手首の関節を安定させる方法はそれほど難しくありません。

以下のリンクで一人でできる簡単な体操を紹介しています。

手が小さく、PC作業に従事しマウスを多用し、メールやラインなどのSNS でフリッカー入力を多用し、

最近機種変してスマホが重くてデカくなって、右手首が痛い。

そんな方は是非、お試しください。

手首の痛みに効果がある体操はこちら→手首の痛みに効く!簡単な体操の紹介!

 

当院では症状や対処法のやり方、施術などに関する相談を随時受け付けております。

質問や相談した方はこちらからどうぞ→質問や相談について。

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。

院長は臨床経験16年。延5万人以上の実績!

マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他

股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は下記のコメント欄かFacebookやLineでお気軽に問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLineでも受け付けています。

FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。

ご予約の際はぜひご利用ください。

予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です