きっかけは「なんとなく」と「思いつき」。

「職業としての小説家」この本の中で村上春樹さんが小説家になったきっかけを語っています。 そのきっかけというのが、私がカイロプラクターになったきっかけとよく似ていたので、なんとなく親近感を感じました。 村上春樹さんは作家に […]

読書:職業としての小説家。

村上春樹の小説が好きかと言われると、時々無性にジャンクフードが食べたくなる様に時々無性に読みたくなるが、一通りまとめて読むと今度見るのも嫌になって捨ててしまう。 それを中3の頃から繰り返し、ダンスダンスダンスなどはかれこ […]