自分で治す!テニス肘の簡単対処法。

肘を曲げたり伸ばしたりすると肘の外側に痛みが出るテニス肘。テニス肘は何もテニスをやる人だけがなる症状ではありません。長時間PC作業に従事するSEやプログラマーや、PCや資料が入った重たいケースや鞄を持ち歩くビジネスマンにも多く見られる症状です。

このようなテニスやその他の運動もせず、肘を酷使することもないのに「テニス肘」になった人も、またテニスで痛めて「テニス肘」の人にも効果が有る「テニス肘の対処法」を紹介いたします!!

今回紹介する「テニス肘の対処法」はテニス肘の原因である「ズレた橈骨」を自分で正しい位置に修正する体操です。

道具も必要なく、どこでもできて、簡単かつ手軽にできます。

テニス肘でお悩みの方は、是非、お役立てください。

自分で治し予防しよう!「テニス肘の対処法」

この対処法はテニス肘の原因であるズレた橈骨を自分で正しい位置に戻すための体操です。

「橈骨がどこにあるのか分からない。」という方もご安心ください!説明したとおりにやれば専門知識などなくても簡単にできます!

テニス肘の対処法:やり方

1.肘が痛む側の肘を伸ばし、手のひらを上に向けます。図5

図5 手のひらを上に向けた状態で肘を伸ばす。
図5 手のひらを上に向けた状態で肘を伸ばす。

⒉反対の人差し指で肘の骨のすぐ外側を触ると窪みがあります。そのくぼみから指を手のひら側に少し移動させると小さな膨らみに触れるます。その膨らみこそ橈骨の頭です。(図6)


図6

3.橈骨頭に触れた指を少し手のひら側になぞると再び窪みに触れると思います。その窪みは橈骨頭の下縁です。

橈骨頭の下縁を人差し指でしっかり押さえ、外側から内側へ、下から上へ向かって圧迫します。(図7)

図7 橈骨頭の位置。
図7 橈骨頭の位置。

4.指でしっかり橈骨頭の下縁を押さえ、内側と上に向かって圧迫を加えたまま、肘をゆっくり曲げ、同時に掌を下に向け(回内)ます。図8

図8 肘を曲げながら前腕を回内させる。
図8 肘を曲げながら前腕を回内させる。

5.図8の状態になったら今度はゆっくり肘を伸ばしながら掌を上に向け(回外)図9、肘を水平になるまで伸ばします。(図5)

図9 肘を伸ばしながら前腕を回外させる。
図9 肘を伸ばしながら前腕を回外させる。

6.これで最初の状態に戻り、ワンセットが終了です。この動作を5〜10セット繰り返してください。

テニス肘の対処法の注意点

  1. 肘に腫れや熱感がある場合は炎症を起こしているので、対処法はやらないでください。
  2. この対処法をやっている間は人差し指を緩めず、常に内側と肘に向かって圧力を加えましょう。
  3. 動作はゆっくり行ってください。
  4. 「テニス肘の対処法」は一度に何回もやるよりは、作業や運動前後に、こまめに3-5セットやる方が効果があります。

以上のことに注意して、テニスプレーの前後や仕事の合間にサッサッとやるだけで簡単な肘の痛みならすぐに解消するでしょう。

動画で説明!テニス肘の対処法。

テニス肘の対処法を動画にいたしました。突然大きな音が出ることがございますので、音量に注意してご視聴ください。

手首の痛みの対処法動画バージョンです。音量に注意してご視聴ください。


ぜひお試しください!

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です