ゴルファーに多い坐骨神経痛に似たお尻の痛み。

原因は坐骨神経ではなく筋肉。

右の尻っぺた付近に生じる坐骨神経痛似た痛みや痺れが生じる。このような症状は痛みが出る部位や症状が坐骨神経痛と似ていますが、実は原因は坐骨神経ではなく、骨盤と股関節にまたがって付く付いている内閉鎖筋という筋肉が傷つくことが原因で生じます。図1


図1

そしてこの右のお尻に生じる坐骨神経痛に似た痛みや痺れは結構ゴルファーに多いのが特徴です。

スイングが下手な人に多い右臀部の痛み。

右の尻っぺた付近に生じる坐骨神経痛のような痛みや痺れは、主に スイング時に重心の移動がうまくできずに、右足を軸にクラブをブンブン振り回す人に多く生じます。

右股関節を回転軸に振り回すことが原因。

右足から左足へ重心と骨盤の移動がスムーズに移動できないと、右の股関節上に重心が残り、右の股関節を回転軸にクラブを振り回すようになります。

すると体重や体を捻る力が右股関節に集中します。

右股関節を軸にクラブを振り回し続けていると、右の股関節に負担が集中することで骨盤が歪み、右の坐骨が開きます。

右の坐骨が開くと骨盤と右股関節の距離が離れるので内閉鎖筋が引き伸ばされて負担が増え、さらに引き伸ばされることで坐骨切痕との摩擦が強くなり炎症が生じます。

その状態が長く続いた結果、炎症が悪化して右の坐骨神経周囲に痛みが生じます。

このように、右の尻っぺた付近に生じる坐骨神経痛のような痛みや痺れは、神経の炎症ではなく筋肉が傷つき、炎症が生じることで坐骨神経付近に痛みが生じます。

こんな人は要注意です!!

  • スイングの時に右足を軸にしてクラブを振り回している。
  • 右の骨盤が反時計回りに捻れている。
  • 右のお尻付近がなんとなく痛い。

恐らく、右足を軸にしたスイングのせいで右の内閉鎖筋を痛めている可能性が高いと言えるでしょう。

まだ少々痛む程度であればカイロプラクティックによる骨格の調整で十分改善することは可能です。

この手の痛みは悪化させると筋肉そのものを傷めるので改善までに月単位の時間がかかります。

現在、お尻に激痛の他に熱や腫れがある場合は、骨格の調整をしても効果がありません。

なので痛みが落ち着くまで、まず安静と氷水による冷却を行い炎症を抑えることに専念してください。

安静にすることで筋肉の痛みは和らぐでしょう。

しかし、少し良くなったからといってまた同じように右足を軸にクラブを振り回せば、再び痛みが生じます。

そして、さらに悪化させると今度は筋肉が緊張し、その下を通る坐骨神経を圧迫されます。

筋肉の圧迫によって坐骨神経が傷つき、結果的に坐骨神経痛になることもありますので、痛みが引いたら一度、カイロプラクティックで骨格調整を受けることをお勧めします。

施術をご希望の方は当院へお問い合わせください。

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください