寝違えたらやるべき対処法。

朝から寝違えでお困りの方。「今すぐ、この痛みをなんとかしたい!!」という方に。

このページでは自分で簡単にできる「寝違えの対処法」を紹介します。

この対処法は、私が実際に治療院で患者さんに指導しているものです。

出張などで枕が変わると必ず寝違えていた患者さんが、「寝違えた時は、この対処法でいつも痛みがかなり緩和し、軽いものならなくなる」。と大変好評な対処法です。

しかし、寝違えの対処法の説明の前に、寝違えの原因に対する誤った認識を正し、正しい原因を知らないと、せっかくの対処法も害になるだけなので、先に「寝違えの原因」について説明させていただきます。

多くの人は枕が変わると寝違えになるから、枕が合わないと寝違えると思っているようですが、枕は寝違えのきっかけにはなりますが、決して原因ではありません。

寝違えの原因は「枕」ではない。

あなたは、「寝違えは寝ている間に生じるので枕や寝相のせいだ」と思っていかもしれません。そして、テレビショッピングやネット通販であれこれ枕やマットを試してこられたと思います。しかし、これは寝具メーカーや健康グッズ販売業者が枕を売るための口実でしかありません!!
私が15年近いカイロプラクティックの臨床経験の中ではきり言えることは

  • 枕」や「寝具」を買い換えて良くなったケースは殆どありません。
  • 寝違えの原因は、枕や寝具や寝相といった寝ている時の問題ではありません。起きている時のツケが寝てる間に回って、翌朝、痛みという形でツケを払わされているだけです。
  • つまり寝違えの原因は寝ている時ではなく、起きている時の姿勢や生活習慣といったものが原因で生じます。

寝違えの原因となる生活習慣とは以下の通りです。

  •  悪い姿勢(猫背)
  • 食いしばり。
  • 肘枕。
  • 頬づえ。

上記のような生活習慣によって首の骨である「頚椎」に負担がかかり、下の図のような「頚椎のズレ」が生じます。

このような悪習慣は首の関節(頚椎)に負担をかけ、図1のように上下の頚椎が開く形でズレます。

頸椎のズレ
図1頸椎のズレ

頚椎がズレた状態で寝ると、筋肉が弛緩したところに枕で沈んだ頭の重みがズレた頚椎に加わるので、ズレがより悪化します。

そして、関節のズレによって関節周囲の筋肉が引っ張られて緊張します。

寝ている間に関節周囲の筋肉が強く緊張し、そのまま朝になると、首を動かせないほど首の筋肉が硬く緊張して、痛みを発します。

だから、やたら高い枕や、やたら沈む枕を使うと、起きている時に生じた頚椎のズレをより悪化さるので寝違えになります。このように枕は原因というよりはトドメと言えます

寝違えの対処法。

急性期
痛みはじめは、とにかく痛くて首も動かせない状態だと思います。これでは痛くて「寝違えの対処法」ができないので、「急性期の対処法」から始めます。
急性期の対処法は、余計なことをせずに、ひたすら患部を冷やしてください。

冷却は治療にななりませんが鎮痛効果があります。冷やすと言っても、湿布や冷えピタでは効果がありません。限りなく0度に近い氷水で患部を冷やしましょう。とはいえ、0度以下にすると凍傷になるので氷で直接冷やすのはやめてください。

冷やす方法は氷嚢があれば氷嚢を使います。無ければビニール袋でも構いません。

氷嚢またはビニール袋に氷9に対して水を1程度入れます。それを患部にピンポイントで当てます。

ただし、患部は冷やしますが、体は冷やさないように注意してください。患部だけ冷やし、首から下は冷えないように十分温めて下さい。

20分、冷却し、それを1日3回繰り返してください。基本的に20分以上はやらないでください。

冷却で痛みが引き、痛いながらも動かせるようになったら、開いた関節を閉じる操作をします。

自分でやる!頚椎のズレの治し方。

急性期の痛みが引いたら、開いた状態でズレた関節を元に戻す操作を行います。

①痛みが生じている部位に指を押し当てます。
図3のように指二本を患部に押し当てます。その時、患部に対して指を上から下に向かって押し当てます。

図3患部に指を当てる。
図2患部に指を当てる。

指を患部に押し当てたら、そのまま指を動かさずに頭を患部の方向へゆっくり倒します。(図4)

図4首を悼む側に倒して反らします。
図3首を痛む側に倒して、それから反らします。

側屈させたら今度はそのまま頭を後ろに少し反らします。(図4)
頭をそらすことで開いた関節面がぴったり閉じていきます。

そのまま10秒ほど維持してください。それからゆっくり戻してください。
軽い寝違えなら、この対処法を2−3回程度でほぼ改善されるでしょう。

どうぞお試しください。

注意!!

  • 対処法をやる場合は絶対に強くやったり、早くやったりしないでください。
  • また欲張って長くやり続けるのもやめてください。
  • 首の関節は華奢なので、力を入れすぎると簡単にズレてしまいます。関節を押さえる時は軽く押さえる程度にしてください。
  • やっているうちに吐き気やめまいがする場合は直ちに止めて下さい。

動画:寝違えの対処法。

 

ふじたカイロプラクティックは2016年6月開業の整体院。
院長は臨床経験15年。延5万人以上の実績!
マッサージや整骨院、病院では治りにくい腰痛や坐骨神経痛の他
股関節痛や膝関節痛など、辛い症状でお悩みの方は是非お問い合わせください。

ご予約は、お電話の他、FacebookやLinedでも受け付けています。
FacebookやLineから予約いただいた場合はお得な割引もございます。
ご予約の際はぜひご利用ください。
予約についてはこちら→予約について

横浜市保土ヶ谷区の整体:「ふじたカイロプラクティック」

<受付時間>

平日・土曜 9:00-19:00

日曜    9:00-15:00

定休日:水曜・祝日

<住 所> 横浜市保土ケ谷区月見台36-3 メゾンハラ102

<地 図>

JR保土ヶ谷駅西口より徒歩3分

<ウェブサイト>

ふじたカイロプラクティック

Facebookページで「いいね」随時受付中。

友だち追加

☎︎045-442-8759

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください